top of page

チワワ 噛みつき, 跳びかかり, 興奮, うなる


マスミさん、スタッフのみなさま。 この度は大変お世話になりました。


メルマガ読み終わって、メールセッションを受けたいけど、時期について夫婦で意見が割れていました。

事務局の方にプレアセスメント教えていただいて、マスミさんに直接そういう相談もできると伺い即申し込みました。


プレアセスメントは、主にその相談をするつもり・・・だったのですが。 タイミングよくあお(チワワ)の問題が発生しました。

パニック状態で暴れまくり唸り叫びながら噛みついてくる… そんな状態を見ながら、眉一つ動かさず冷静に指示を出してくれたマスミさん。

不安でいっぱいだったけど、「大丈夫よ~」って画面越しに絶妙なタイミングで言葉をくれて。

犬だけじゃなく人間が取り乱しても落ち着かせることができる人なんだなと思いました。

やがて、憑き物が落ちたかのように落ち着きました。 最後はほとんど寝てる状態・・・。 これが除霊ってやつか!って衝撃と感動。


ちょうどその後主人が帰宅。 除霊後のあおを抱っこしながら「・・・何が起きた?」とポカンとしてました。

そのままメールセッションをお願いする流れとなりました。 セッションは、近々迎える予定のシェパードとの多頭での生活を想定してやっていただきました。

(先住犬達はかなり老いてるので絡むこともなく、あまり問題は起きていませんでした)

自分の姿を動画に撮って自分で見ることは、「飼い主が変われば犬が変わる」と理屈で分かってたことをガツンと感覚で思い知らされました。

例えるなら 「私、ヤバイ…学級崩壊させるオロオロしたダメ担任」 という印象でした。


例え話と言えば、毎度分かりやすい例え話で説明していただき、「犬の教育」を特別扱いする意識も徐々に下がり、日常の中で少しずつの意識の違いで大きく変わることを実感出来ました。

「それが自分の子どもだったらどうする?」 この質問、メルマガとかで読んで、「そうか、そうだな」って思いながら分かってたつもりだったけど、何度も指摘されました。


人間、理屈で分かったつもりでも、自分のこととなると気がつかないこと沢山ありますね。


ビックリしたのは、特定の場所で車へのぶっこみがあったのですが、その理由をあっさりと言われたこと。

一瞬映っただけの表情で、あお仕様の落ち着ける寝床を提案していただけたり。さらには映ってない所までさらりと指摘されたり。 犬と全体、見えてない部分、一瞬を見逃さずに説明されるやつを我が家の動画でしていただけて、ちょっと鳥肌が立つような感覚。


どういう所を見てるのかとかすごく参考になったし、ちょっとしたことでも、聞けば何でも出し惜しみなく教えていただけました。

2週間のセッションを終えて、嘘みたいに変わったことが沢山。

ハウス!って言えばさっさと入る…まではまだできないけど、トリーツなしでも自分で納得して入って、その後まだ部屋に人がいたりザワザワしてる状態でも落ち着けてます。

噛むこともほとんどなくなりました。

毎日新しいアザと傷が出来て気持ち悪い感じになってた腕と足も、ほぼ元に戻り。 室内で後ろをついてくる時にぴょんぴょん飛び噛みをされてたけど、それもなくなりました。(たまに飛び跳ねるけど) 逆ギレはまだあるけど、対応出来るようになったので気持ちに余裕が出来たし、あおもその後落ち着けてます。


散歩も、まだ私は万全ではないけど、いちいち狼狽えずにできるようになりました。 車へのぶっこみは未然に防げることも増えて、人間の我が子と想定するだけで、私の態度にも変化が。


セッションの半ばでワクチン接種に行ったのですが、最後まで身動き一つせず。前までは唸るし暴れるし、看護師さん二人も登場したりしてたけど、今回は看護師さんの手を借りずに獣医さん一人と私の状態で普通に出来ました。


物足りないくらいにおとなしかったです。

抱っこしてる時に頭を撫でられたら突発的に噛みつくことがあったけど、そこもクリア。

猫が近づくとガウガウしてたのも、まだ途中経過ではあるけどかなり改善しました。

私の中で、あおは「ビビりなお山の大将」でした。

マスミさんの見解は「内弁慶なチンピラ」。 思わず大爆笑でした。


今まで、そういうつもりはなくとも犬が諦めないといけないところを人間が諦めて、その積み重ねで学習させていたのだなと痛感することも沢山。


我が家の可愛いチンピラを勘違いさせてたのは飼い主でした。

しかし、チンピラどまりでよかった・・・

親分不在の若頭とかだったらもっと厄介でしたね(笑)


マスミさんはよく「コマンドじゃないよ」と言われてますね。

コマンド覚えてなんぼと思ってて、以前はトリーツであれこれ教えてたつもりだったけど。

トリーツなしでコマンドが通じることは皆無に等しかったです。 セッション中のある日、猫に餌をあげてる時毎度ハイテンションでグイグイきてたのを、「下がれ」と言ったらしおらしく下がることがありました。


「下がれ」を教えたことは一度もないのですが。 全てが思い通りに伝わるわけではないけど、これが犬とのコミュニケーションか…と、ちょっと朝からジワっときてしまいました。


毎日少しずつ、繋がってる喜びがあります。 まだまだ書き足りないですが。

マスミさんの言葉のあらゆるところに「犬目線」を感じました。 人間の情緒で勝手に作った「犬の気持ち」とはまた別の。

頭で考えすぎてすぐに病んでしまう私を「また病んでるな」と笑い飛ばしてくれたり「笑って」「喜んで」「楽しんで」と、色々見透かされて明るく喝を入れていただきました。


犬に危害を加えるわけでもなく、犬が怯えるわけでもない。

ただ、犬を知って分かりやすく伝えて、犬が安定できて、一緒に喜んで楽しめる生活を提案してくださったと思います。


本当にありがとうございました。

Kommentare


bottom of page